いつまで生きるつもりだろう

Uncategorized


ただなんとなく生きて、気づけば33歳になった。

10代、恋愛やテスト、部活、大学受験。学校中心の生活で、周りも同じような人たちが多かった。働くことを意識したこともなかった。

20代、行きたかった企業も最終面接で落ち意気消沈。就職留年、休学して互角留学したあとになんとか初めての会社に就職。2年で辞め中国へ1年。そして3年勤め。

30代、転職、地方へ移住。ただどうやら自分には耐えきれないことが多く、仕事、恋人、友人との関係を投げ出しがちになった。それでも周りがなんとか必死に繋ぎ止めてくれている。

無駄なことなんて何一つないなんて詭弁で、一歩も外に出なかった日が一体どれだけあっただろう。その時になにか行動していたか。―していなかっただろう。

子供が産まれた友達に会いにいったか?結婚した友達には?おめでとうと心から言えたか?親に感謝はしたか?仕事仲間には?

当たり前を当たり前として享受し過ぎてやいないか。

人の価値なんて自分で決められるはずがなく、周りの人が評価してくれることだろう。人に大切だと思ってもらえる自分になれてるか。そのために自分を騙してやいないか。

こんな感じで、いつまで生きるつもりなんだろう。周りの人は、大切な人はいつまで生きると思っているんだろう。どう生きるつもりなんだろう。



コメントを残す