留学39日目-星空(シンコン)-

Uncategorized


JUGEMテーマ:中国語

お昼前に強い雨と風(所によっては雪?)も振っていましたが、お昼過ぎに天気も回復したので外へ出かけました。
最近突発的に強風やら雷やら天候が悪化しますが、すぐに晴れる大連の気候は凄いなぁと思います。
今日は初めて電車に乗りました。一ヶ月も過ぎているのに、今まで乗っていなかったんです。
1人で外に出て乗り方も行く先もよく分からないまま202路の路面電車に乗り込みました。

*奥の箱にお金を入れ、電子カードは鉄の棒についている機械にタッチするようです。
電子カードと現金で払えると聞いてはいましたが、どこまで乗っても1元(電子カードだともう少し安い)という料金設定には驚きです。

*車内にはディスプレーがあり、広告の音声が流れていたのは日本の電車とは違いました。
広告の音声が流れるということはそこまで雑音に気を遣う必要もなくなるので、これは良いなぁと思います。日本の電車は静かすぎて、イヤフォンから漏れ出る音や話し声なんかが妙に五月蠅く聞こえてしまうので。

*乗ったワンマン路面電車。終点の興工街で降りました。

*話には聞いていた大連電子城。地下にたくさんのPCや携帯関連ショップがあります。

*ASUSやCANON、その他大勢のメーカーのお店が並んでました。

*奥へ行けば行くほど個人店経営のお店が。
PCパーツやLANケーブル、ルーター、プリンターなんかも売ってました。

*図書城とやらもあり、本屋が並んでました。
本屋の写真も撮ったのですが、かなりピンボケしていたのでアップはしません。
村上春樹の中国語翻訳本も並んでいました。
大連の2014年版のガイド本と、星空という絵本を買いました。

*星空は絵本作家のジミー・リャオ(幾米)さん原作のものです。
2011年に台湾で映画化され、英語名で「The Starry Starry Night」
映画を見たのですがこれが見事に自分のツボにハマりまして、こういった作品を見るのも楽しみにして中国に来ました。
家庭事情に悩む少女と、転校生の少年が星空を見に行くお話しですが、ストーリーも映像もとても綺麗で幻想的な映画でした。ただ、字幕を見ても中国語の理解が上手く出来ず、細かい台詞だったり内容は分かりませんでした。映画をもっと楽しめれるように中国語を上達したいです。
ちなみにGLAYとも一緒にライブを行ったことがある、五月天(Mayday)が主題歌を歌っています。
日本のTSUTAYAだと台湾、中国映画ってあまり置いてないんですよね。韓流ブームも良いですが日本でも台湾、中国の映画をもっと見たいです。



Comments

  1. みなみ より:

    中国映画はノーマークでした!!!
    おすすめまた教えてください^^
    今は理解できないと思いますが、観たいなあ~!

  2. YOSHI より:

    はーい(^^)/

コメントを残す