大連留学2日目-チャドという国-

Uncategorized

今日は朝5時に起床、大学を出て少し散歩しました。改めて大学の広さと綺麗さに驚きました。

大学の外には市場があり、様々な果物や魚介類が売っていましたが、まだ中国語が全く出来ないのでそのまま素通り。もう少し出来るようなったら行ってみます。
ひたすらうろうろ歩いていると、少しこじんまりとしたスーパーがあったのでそこで朝食を買いました。


朝8時頃に寮に戻り、寮の1階にいる女性職員にインターネットを使いたいと中国語で書いたメモを見せ、手続きをしました。
インターネットが使えるようになったら携帯に電話する、明日になるだろうということなのですが、昨日日本人留学生に聞いたところ、携帯がなくてもインターネット使えるようにした人もいるらしく、手続きも人によってまちまちなようです。

部屋に戻って朝食を食べ終えたら、疲れが溜まっていたのかお昼過ぎまで寝てしまいました。

起床して、ハンガーや洗濯ばさみ等がないのをを思い出し、再びWalmartへ。

*写真は開店前のWalmart

店内をうろうろしていた所、バスケットボールが売っていたので購入しました。
約170元なので3600円ほど…少し痛い出費でしたが、どうせいずれ買うので早めに購入。
今日も夜中にバスケで遊んでいた所、中国人に誘われて一緒にバスケしました。
2ON2をやったのですが言葉が分からなくてもバスケは一緒に出来るのが不思議。
日中も夜中もプレイしている人が絶えなくて、改めてバスケの浸透率を実感しました。

話は変わりますが、寮内の廊下でチャドという国のZayaさんと知り合いました。チャドはリビアの下、ほぼアフリカ大陸の中央にある国です。
英語もフランス語も中国語も出来るかなりの秀才のようで、去年1年間北京に住んで中国語を学び、財経大学の本科生になるそうです。
廊下で立ち話もなんだということで、Zayaさんの部屋で少しだけ話したのですが、チャドの国の形が描かれている装飾品が部屋に飾ってあり、自国に対する誇りを持っているようでした。
自分は日本の国旗とかそういうの全く持ってないし、こういうところに意識の違いを感じます。

*寮内でネット使用の手続きに時間がかかったため、この日記は9月6日に更新しています。



コメントを残す