五三川釣行2020.10.27

FISHING FreshWater

20 メタニウム HG LEFTの購入に合わせ、軽量な小型ルアーとスモラバを使用するために新しく20ゾディアス168L-BFS/2の竿を購入しました。

今までベイトリールは中型~大型メインのリールばかりというか、持ってるのが初代アンタレス、カルカッタコンクエスト100、アンタレスDC MDという偏ったものばかりで。

どれもスモラバや小さめのシャッドをテンポ良く使えるようなものでもなかったので、20メタニウム購入を機に釣りの幅を広げたかったんです。
ベイトのライトアクションのロッド購入も初めてです。

それもこれも、五三川攻略のため。

五三川って場所によっては流れも非常にゆるく、川というより細長い池に近いイメージがあるんです。大きなサイズも上がっているようですが、20前半から30前後ぐらいがアベレージかなとも思っているので、そのサイズに合うよう小型系で数を釣りたい。

スポンサードサーチ

朝一でやるつもりが寝坊

本当は朝5時ぐらいに家を出発して、7時前には釣り開始したかったんですが寝坊。

7時に家を出発し、朝の通勤で渋滞気味の国道1号線をゆっくりと走っていきました。途中開き直って朝マックする始末。

五三川に着いたのは9時過ぎぐらいでした。

自分が良く釣りするポイントは上流ではなく、中流域のホテル裏と呼ばれるポイントです。平日なのに釣り人が結構いるのはもうこのフィールドの特徴なんでしょうが、それでも何とか一匹捻りだしやすいポイントな気がします。

いつもはボウズ回避のためにスピニングに極小ジグヘッド+ジャッカルのウォブリング2.5インチというセットなのですが、強気にベイト一本で釣行開始。

実際に使用してみて

20メタニウムに20ゾディアス168L-BFS/2、12lbのシーガーフロロマイスターを85mほど巻いて、スモラバにゲーリー4インチグラブをセットしました。強気といってもスモラバです。えぇ。

自分の下手さも相まって、バックラッシュ連発。ライトアクションのロッドだと、ルアーのキャスト時の初速がロッドの反発が大きい分早く感じます。

20メタニウムは遠心ブレーキの効きが弱いという話をYOUTUBEで聞いてたのですが、それでも内部ブレーキ3に外部6ぐらいでもバックラッシュ連発したので、最終的に内部全部締めのブレーキ4、外部6で、メカニカルもきつめ、飛距離を出したい時だけメカニカルを少し緩めるぐらいになりました。

まぁ、でも昔のリールだとそもそもスモラバなんて投げられなかったよなぁって思いながら、リールの進歩を感じたり。

セッティングも決まり、キャストもスムーズに出来るようになりました。軽量リール&ロッドなおかげで、バックハンド、フリップキャストがとてもやりやすいです。川の沿いに並木があるポイントなので、コンパクトにキャスト出来るのはとても良かった。

20ゾディアスはカーボンモノコック採用の竿ですが、スモラバはグラブをセットしてるので底を取ったりアクションを付けるわけでもなく、スイミングさせて投げては巻いてを繰り返していたので、そこまで感度は重要ではなかったのですが、障害物が当たると確かに分かりやすかったです。

嬉しい一匹

10:30頃、天気も晴れで少し陽射しが強く、段々と気温も高くなり小さいバスが泳いでいるのが視認できるようになってきたなぁって思ったら、明確なバイトが。

トレーラーをウォブリング2.5インチに変更し、何とか一匹捻りだすことができました。

思ったように釣れた、とても嬉しい一匹。

少し粘ったのですが人も増え、少し上流部に場所を移動したのですが、とても人が多く、暑くて釣れる気もしなくなったので12時頃に退散しました。

思い切って買ったタックルでしたが、釣りの幅が広がった良い買い物になりました。




«

コメントを残す